超える意識


Untitled / けんたま/KENTAMA


私はディズニー映画が好きでよく観るのですが
「アーロと少年」という作品の中で、

こわもてのティラノサウルスが、
小さな恐竜に言った言葉があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

怖いが、戦ったんだ・・
怖さを感じない奴は
生き残ることなんかできないぞ

いいか坊主、怖さを受け入れろ
自然(を受け入れるの)と同じだ

逃げも逆らいもせず
乗り越えてくんだ
自分のことを信じてな

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

がまんしない・・というブログを先日書きましたが、
少し、補足がありました。

私が言いたかった、我慢をしないというのは、
魂の声に正直になるということ。

「好き」「嫌い」のジャッジを超えた魂の声のことです。

自分が変わりたいなら、
今までの同じ思考回路、同じ習慣や、同じ環境では、
自分の運命を変えることは出来ません。

楽なほうへ、楽なほうへ、行ってしまうと自分を見失うこともあります。

成長は、単純に外側の自分をラクにしてあげることではないからです。

外側の自分から、脱皮しなくてはなりません。


目の前にあることは、

逃げるでもなく、逆らって抵抗するのでもなく、超える意識です。

成功体験を語る人の中には、あえて苦手なことに向かって
突破していくという人もいますよね。

苦行が大事なのではなくて、超える意識が大事なのです。

ハードルの高い体験が来ても、同じです。
逃げるでもなく、逆らって抵抗するのでもなく、超えていきます。


苦手と思って避けていたら、
向き合うチャンスかもしれないのに、機会を逃すかもしれません。

今まで極端にダメなことでも、抵抗をなくすことが出来れば、
新しいアイディアや、成長に繋がるかもしれません。

そこにエネルギーの摩擦や、消耗がなくなります。


超える意識とは、状況を深く理解すること。

自分が今すべきことは何かが、分かります。

体験が神なのではなく、神を知ることが体験の真実だからです。


昨夜、この日記を書き始めると、

体が高周波で振動し始めて、中々書き終えることが出来ませんでした。

今、やっと書き終えました。笑



今日も素晴らしい一日をお祈りいたします。


これからも皆さまに

たくさんの素晴らしいことがたくさん起こりますように!


心の宇宙 愛と感謝

NAOKO

~自然と宇宙~ 森の33スペース