大切なメッセージ

IMG_0059.jpg












一昨日朝、千歳では素晴らしい太陽の暈(かさ)が見られました。
私たちの意識を中心へと導いてくれる大きな虹の輪でした。
素晴らしい沢山のご感想を有難うございます。
是非、ご紹介させて頂きます。


――――(道東リトリートご感想)

一回目は『魂の夢を知る感動のリトリート』、
二回目は『日常が奇跡と知る喜びのリトリート』と
過去二回のリトリートはすぐにタイトルが思い浮かび、
ドラマや小説に例えるなら一話完結型の物語のようなリトリートでした。

今回のリトリートは私の中では
まだ完結していない感じがしていて、
この続きは来年のリトリートで…というか、ようやく幕が上がり
第一章が始まったような印象があります。
まだ続いているのでなかなか感想が出て来ないのではないかと
一昨日の夜にふと思いました。

リトリート中は、ただひたすら子供のように遊び、楽しみ、
喜んでいて、リトリート後しばらくは空っぽの日々が続きましたが、
今回のリトリートを振り返ってみてもなぜか過去の思い出にはなっておらず、
別次元で現在も進行している物語であり、

私達は現実とリトリートを行き来している魂のトラベラーといった感じがします。
別の言葉で例えるなら、いま存在している現実とは別のもうひとつの物語
という次元を扉を開けて出入りしている感じです。

今年のリトリートはミーティングのときからすでに始まっている感覚があり、
毎回森の33スペースへ向かうときから意識のスイッチが切り替わる感覚がありました。
今回のリトリートにタイトルを付けるなら
『長い長い魂の旅の始まり第一章』です。

まるでリトリートで見えない世界のお仕事をしてきたかのようで、
そのお仕事にはなんとなくまだ続きがあるように思うのです。

直子さんと初めてお会いしたときには
このような展開になるとはまったく想像もしていませんでした。
たくさんの美しい魂の皆様との夢のような御縁と
直子さんの情熱の炎に感謝しています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。――――――


――――(対面セッションご感想)先日はセッションありがとうございました。
直子さんも言ってくれましたが、とてもいいタイミングで
セッションを受けることが出来た気がします。

直子さんのセッションは何度も受けて来ました。
その度に気づきがあり、やめられないのですが・・・(笑)
私の人生の中に、間違いなく直子さんのセッションは存在しているのです。
そんな私なのですが、先日のセッションは違いました。

何が違うのか???
と言うと、言葉にするのは難しいのですが。
明らかに、私の潜在意識に語りかけていると自覚できました。

対話でも、私であって、もう一人の私。という感じがしました。
実は、対話の中で2回ほど、別の次元、別の空間にいる感覚が起こりました。
一瞬・・。えっ???と驚きました。

それは、宇宙の様なセット?で私と直子さんは宙に浮いていました。
そこには、物は存在しなくて、意識対意識。みたいな感覚。
一瞬の様で、とても長い時間。
時間という概念さえ、ないような空間。

2回目は、宇宙というよりも、光の中の様な空間。
この時も、宙に浮いていて、意識対意識。という感覚。

。。。あれは、一体、何だったのでしょうか?
不思議でした・・・・。

「不思議でした・・・。で終わらせたらダメですよ!」
と直子さんに言われそうですが。。。(笑)

以前、レイさんのエジプトのワークで、
瞑想中にピラミッドの中に入った感覚になったことがあるのですが、
それに似た感覚で、しかも、目を閉じての瞑想ではなかったので、
意識を意識して集中させた訳でもなく尚さら不思議でした。

帰り道、
レイさんに最後にお会いした時、言って下さった言葉を思い出しました。
アセンションの道は開かれています。
今自分がするべきことに取り組んで下さい。
今、やらなければ、あなたは後悔することになる。
みたいなことを言われていたことを思い出しました。

以前、直子さんはアセンションについて、
アセンションをしたかったことを話をしてくれました。
その話を聞いて、私も直子さんはアセンションするべき人であって、
アセンションする人だと、ずっと前から思っていました。
でも、私には関係ない話だな。と思っていました。

私は、アセンションしたいなんて思わないのです。
何故なら、自己啓発は好きだけれど、
自分の霊性を認めていないからだと思います。

別にスピリチュアル系の仕事をする訳でもないし・・・
と思うからです。
けれど、人の役?というか
助けを必要としている人のそばに居たいと思うし
そういう人と共に何かを越えたいと思ったりもします。
私には、何故だか分からないのですが、
時々、初めて訪れた土地で、災害や事故が起こることがあります。

あの東日本大震災の時も、前日に夢で明日大きな地震が起こる。
と言われていて、そのことは目覚めてからも、はっきりと覚えていて

あの地震は誰もが衝撃でしたが、私はその衝撃よりも
自分の夢のメッセージに驚いていました。

この様なことは多々あって、偶然では済まされない回数。
これも何の意味か分からないけど
霊性の一つなのでしょう。

直子さん。
私は、やっぱり、自分の霊性について、
もっと認めるべきだったと今気づきました。

何ていうか、霊性というと、何か特別な勝手なイメージがあって
自分の中では、恐れ多いというか、そんな特別な人間ではないという部分。

でも、特別とかそんな次元ではなく、
今やるべきことをやるんだ!!と今は思っております。
いつも、色々とありがとうございます!!
また、よろしくお願いします。

そして・・・・・。
おめでとうございます!!
直子さん!!
ますますのご活躍、期待していますよ―――――


―――――(道東リトリートご感想)今回も 素晴らしいリトリートを
わたしたちに授けてくださって 本当にありがとうございました。
参加されたみなさんそれぞれに、それぞれの想いがあり
そして道東の大自然から受け取ったもの、
味わった感覚も それぞれ様々だったとは おもいますが
全員が全員、みなが歓びに満ちた旅であったことでしょう。

リトリート大成功でしたね。
NAOKOさんに、感謝と共に、心からの おめでとうございますを
お伝えしたいと 今、そう思っています。
NAOKOさん、おめでとうございます!
そして 本当にありがとうございました!!

わたしにとって とても印象的だったのは
オンネトーでした。
湯の滝へむかう あの森の息づかい。
地球の本来の姿を忘れないで、と森が囁いているようでした。

わたしたち人間はあまりに粗末に地球をあつかってきました。
もちろんわたしも。
このことに、これから わたし自身どうコミットしていくのか。
日々の暮らしにどう落とし込んでいくのか。
考えていこうと思っています。

実は リトリートの少し前から
「終わりとはじまり、はじまりと終わりがつながる」
という言葉がわたしのなかで響いていました。

オンネトー湯の滝は、まさにその場所と感じました。
地球の植物、すべての生き物を育む大地、土。
地球のいちばんはじめの生命の誕生に深くかかわるシアノバクテリア。
あの場所は地球の生命誕生の、
いちばんはじめの「・」点 のように感じました。

あのあたたく、優しいお湯に触れることができて、
あの場所で祈ることができて、本当に嬉しい。
NAOKOさん無しでは、この大切なタイミングで成し得なかったです。
感謝でいっぱいです。

不思議ですね。「オンネトー」という響き。
子どもの頃からずっと胸のなかに大切なものとしてしまわれてきたように思います。

今回リトリートのレシピに「オンネトー」を見つけたとき
〈そうそう!ここ!〉と思い出したようで…。
今回のリトリートで、わたしのなかの大切なことが成就したように思います。
なので、そこで髪に蜂が来てくれたのが スペシャルに嬉しかったです。
神さまとの繋がりを再確認です。

あと、楽しかったといえばーーー
屈斜路湖の足湯! なんであんなに楽しかったのか (笑)。
神々の膝もとで遊ぶ 幼子の気分でした!

NAOKOさん、そして智美さん
素晴らしい計画を実現させてくださって、本当にありがとうございます。
そしてご一緒させていただいた素敵な皆様、
ありがとうございました。――――――



――――(道東リトリートご感想)3日間ありがとうございました。
振り返ってみてすごい行程だったなと、
あらためて直子さんと智美さんお二人の愛と献身に深く感謝いたします。
完璧(智恵子さん語録)だったのだと思います。

始めの、ところ遺跡で瞑想したとき龍が登っていくイメージがありました。
〇〇さんのクンダリーニだったのでしょうか。
皆で人差し指と親指の輪を繋げたときも、2回とも龍のイメージがありました。
2日目最後に研修室で瞑想したとき、
最後に赤い血と死みたいなイメージが私もありましたが、
怖さもあったし、深く考えてもわからないだろうと思い、
気にしないことにしてしまいました。
何となく言うのも怖くて…。
今思うと再生の意味もあったのかなぁとも思いますが…。

16人、倍で32その倍は64…必要な人数だったのでしょう。
この人数の移動には上村さんご夫妻が欠かせませんでしたね!!
素晴らしいお人柄とドライビングに脱帽でした。

ブラインドワークのインパクトがやはり大きく、
他者を信頼すること、神→大いなるものや目に見えない
あらゆる存在を信頼することは、
自分自身を信頼すること、
自分の感覚、五感を信頼することでもあると感じました。

相方の方が手で合図をくれたように、
目に見えないものが送ってくれているたくさんの合図や
メッセージに、気づく意識を高めることは
自分の五感や六感を信じて高めることなんだろうなぁとか、

導かれるままに身を委ねていけば最善なんだろうなぁとか、
神様や自分を信じて我を捨てて委ねることの大切さを
実感として認識した感じがします。

一人で歩いているように思っているけど、
本当はそうじゃないんだということ、
常に寄添い導いてくれている存在がいるということ。
ちゃんと受取ろうって前よりもしっかり思っている気がします。

そして、一人一人が自分自身の力をちゃんと信頼して、
使っていくことが今後は特に大事なんだと思いました。

素晴らしい出会いと旅と、この世界の全てに感謝したいと思います。
また、よろしくお願いいたします。―――――


―――(対面セッションご感想)直子さん こんにちは。
昨日はありがとうございました。
昨日のうちに問題に別れを告げ、今日をさっぱりと迎えています。
自分を取り戻せた感覚です。

実は昨日、直子さんのドアのチャイムを鳴らす直前に、
なぜか初めて恐ろしくなって逃げ出したくなるような気持ちになっていました。
完全に自分でなかったなと今思います。

晴れて新生した今、色んな意欲が湧いてきて、
今日の午前まで○○をしました。
またセッション&アクティベーションをよろしくお願い致します。―――――



とても貴重なご感想を有難うございます
頂いたご感想には、とても貴重なエッセンスが詰まっています。
これはきっと、私宛というだけでなく、
大切なあなたの心へ届く何らかのメッセージではないかと思います。


今日も素晴らしい一日をお祈りいたします。

これからも皆さまに
たくさんの奇跡が起こりますように

心の宇宙 愛と感謝
NAOKO

~自然と宇宙~ 森の33スペース
ホームページhttp://www.morino33space.com