自分を生きる


Untitled / けんたま/KENTAMA


変な質問ですが、
自分を生きているでしょうか?
知らず知らず、他人を生きていないでしょうか?

自分を生きるのは、口で言うほどやさしくはないです。
なぜなら人の目は外を向いているので、どうしても
外側を見てしまうことが多いからです。

自分に向ける目は、意識的に向けないと中々向いてくれません。

人の目が気になったり、人のことを気にしたり、
人のことに口を出したり、
そうしているうちに、知らず知らずに他者の人生を
生きてしまうことがあります。


ご自分の内なる宇宙に、もっと興味の目を向けることで
外側との健全なフィールドも認識しやすくなります。

霊的次元、そして肉体次元で、健全な関係を保つことは
レベルの高い生き方に繋がります。


―――― 春分の日の集まりの次の日の朝
直子さんのローズの香りで目覚め、
その日は何度も香りを楽しむことが出来ました。
ウエサクの次の夕方から雲や太陽の表情が
全く違うと感じています。
エネルギーが上昇気流に乗っているのですね。
私も遅れないようにユックリ急いで自分磨きをします。
何時も、直子さんから答えが降ってくるように思います ――――


―――― 執着している自分が
最後の最後まで抵抗しているような感覚でした。
その後はずっと自分と向き合ってました。
自分でNAOKOさんとのセッションを何度も何度も振り返り、
正直にまだ完全に腑に落ちた感覚はないのですが
(これからの課題だと思っています)
この数日間、執着がとれたのかなと感じるくらい
気持ちがかなり軽くなっています。―――――


メッセージほんとうに有難う御座います。

外側の世界は、内側の心や意識、潜在的なものまで現れます。

中々向き合いづらい内側を掘り下げていくことで

誰もが、確実に内外ともに変化していくことが出来ます。

新しい世界に向かっています。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します。


※お知らせ

6月より基本セッションの料金が変更になります
5/31までお申込み分は旧料金・旧プランにて承ります
お早めにお席の確保をお願い致します
〇5/29~セッションご予約受付中​
6月土日満員御礼


これからも皆さまに
たくさんの奇跡が降り注ぎますように



心の宇宙 愛と感謝
MEHAN NAOKO

~自然と宇宙~ 森の33スペース
ホームページhttp://www.morino33space.com